公益財団法人全国市町村研修財団における個人情報の取扱いについて

 公益財団法人全国市町村研修財団(以下「財団」という。)では、個人情報の保護に関する法令等を遵守し、以下の方針の下、個人情報の適切な取扱いに努めます。

  • 1.個人情報の適切な取扱いのための体制
    財団は、個人情報保護管理責任者を設置し、個人情報の適切な管理を行うとともに、職員等に個人情報の保護及び適正な管理方法について周知し、個人情報の適切な取扱いを徹底します。
  • 2.個人情報の収集と利用
    財団は、個人情報の収集にあたり、その利用目的、利用方法等を明らかにし、収集した個人情報はその範囲内で業務遂行上必要な場合に限り利用します。
  • 3.個人情報の管理
    財団は、個人情報の正確性を保持し、また個人情報の漏えい、滅失、棄損等を防止するための適切な対策を講じます。
  • 4.個人情報の第三者提供
    財団は、法令に基づく場合等を除き、本人の同意を得ることなしに、個人情報を第三者に提供しません。
  • 5.個人情報の開示、訂正、利用停止等
    財団は、その保有する個人情報について、本人から開示、訂正等、利用停止等の求めがあった場合には、本人であることを確認の上、誠実かつ速やかに対応します。
    →様式はこちら(PDF/約99KB)から。
  • 6.継続的改善
    財団は、適切な個人情報の保護を維持するため、常に個人情報の収集及び管理の状況等を把握し、必要に応じて個人情報の保護のための措置を改善します。

(個人情報の取扱いに関する問い合わせ先)

  • 〇財団の業務に係るもの
    財団事務局総務課
    電話:043−276−3737
  • 〇市町村職員中央研修所の業務に係るもの
    市町村職員中央研修所総務局総務課
    電話:043−276−3737
  • 〇全国市町村国際文化研修所の業務に係るもの
    全国市町村国際文化研修所総務局総務課
    電話:077−578−5931